矯正歯科,審美歯科,インプラント,ホワイトニングの事なら東京・銀座の文野矯正歯科へ

ホワイトニング


ホワイトニングとは

 ホワイトニングとは、審美歯科の一分野で、広い意味では【歯を白くすること】全てを指します。例えば歯のクリーニングから始まり、ブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、全てをホワイトニングということができます。現在一般に使用されているホワイトニングはブリーチングのことを指すことが多ようです。

 このホワイトニング(いわゆるブリーチーング)とは歯を削らずに、歯の 着色有機質を分解して漂白し、白くする技術のことです。

ホワイトニングには歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」と、歯科医師の指導の下、ご自身で自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科医師が行うホワイトニングのことです。
歯に専用の薬剤を塗ってレーザーやLEDの光を当てることによって、色素を分解し歯を白くする方法です。
10分〜20分の照射を2〜3回繰り返して行います。照射時間は個人差により変わります。

オフィスホワイトニングだけでは十分に白くならない場合もあり、ホームホワイトニングと併用することによって、より効果が上がります。

ホームホワイトニング

歯のホワイトニングとは、歯に薬剤を塗って漂白することですが、ホームホワイトニングとは、歯科医師の指示のもとに、患者本人が自宅で寝ている間に行うものです。  方法は、まず歯科医院にて自分の歯型に合わせてトレー(薄くやわらかいマウスピース)を作ります。夜、寝る時にそのトレーの中に薬剤(ホワイトニングジェル)を注入し、歯に装着します。手順はこれだけです。

 通常2〜4週間程実行しますが、効果については個人差があります。抗生物質の副作用など先天的で内因性の変色に対しては大きな効果を期待できないかもしれませんが、大多数の症例においては効果は確かめられています。







Dr.FUMINOも共同執筆しております